ホームページの運用代行費用って、何の代金でしょうか?


Webサイトの費用ってなぜこんなに違う?ホームページ制作会社に依頼すると、「運用費」とか「メンテナンス費」といった項目で毎月払っている金額ってありませんか?

でも、それって、いったい、なんの費用でしょうか? 集客に役立つための費用なのでしょうか?

「毎月、アクセス解析のレポートを送ってくれるよ」

「何かあったときの対応費用だし、必要でしょ?」

「なんだっけ、サーバのレンタル費用とかも含まれてるし・・・」

まあ、いろいろありますよね。

多くのホームページ制作会社が真面目に御社のアクセスをアップしようと、集客を多くしようとしていると思います。

しかし、中には、ほとんど何もしていないのに、毎月3万とか5万とか受け取っていることもあります。

まず、アクセス解析は、キレイなグラフのレポートを送ってくれる、しかも、プリントアウトしたものを郵送で送ってくれるとかで、なんかいろいろやってくれてると思っていませんか?

アクセス数やユーザ数といった数字のグラフなら、Googleアナリティクス(無料サービス)で設定しておけば簡単に作れます。さらに、週単位でPDFファイルにしてメールで送るようにも設定できます。

これをただ印刷して、もっともらしく送ってくるだけなら、最初の設定の手間はかかっても、月々の印刷だけに数万円を支払っているだけ。

重要なのは、そのグラフを分析して、次に何をすべきなのか、あるいは、何を止めるべきなのかといったことを示してくれるかどうか?

ここは、Googleアナリティクスでは示してくれません。あくまでも現状の分析はできますが、今後どうすべきか?は人間が考えるしかないのです。

毎月のレポートに、「何が原因でアクセスが減ったか?」、「どうすれば、申込みページに誘導できるか?」、「広告の効果が出ているのか、それともあまり役立っていないのか?」といったことを、しっかりと分析して、考察や意見が書かれているかどうかをチェックしておきましょう。

変な言い方かもしれませんが、アクセス数がどうしたとか、クリック率がどうだとか、はっきりいって、そんなことをいくら理解したところでお客さんは増えません。それよりも、「どこに原因があるのか?」、「そもそもホームページの目的と合っているのか?」、「修正するには、どうすればいいのか?」が重要なポイント。それを説明してくれるかどうかを判断しましょう。

P.S.

あ、でも、サーバ運営費が含まれているなら、月々が数千円は、しゃーないよねってのもありますけどねw


  • このエントリーをはてなブックマークに追加