ホームページ集客アップのために外部リンクを外部委託すると・・・


ホームページ制作会社の謎危険すぎる! あまりにも危険です!

ホームページ集客アップのために、外部リンクを貼った方がいいですよってな話が、まことしやかにされているますが、やってはいけません。

少し前までは、検索エンジンの評価基準として、外部リンクがあるのは役立つページ、人気のあるページだからということで重要視されていました。

確かに、たくさんのページからリンクされていれば、それだけ価値のあるページだと思いますよね。

ところが、これに目を付けたSEO業者が、「外部リンクの数が重要です!とにかく膨大な数にすればいいのですよ!」ってことで、在宅勤務とかを使って、ものすごい安い金額でブログを作らせてそこからリンクをはりまくるってことをやっていました。

いっきに、何千、何万というブログやホームページから外部リンクが設置されるので、順位はトップに!

なーんってことが起きていました。

しかし、そんなことをしていても、検索エンジン側からすれば、本当に役立つページが上位に来ているわけではないので、単に数だけでは判断しないようになってきました。

さらに、無視するだけでなく、急激にリンクの数が増えるところは、外部リンクを埋め込んだサイトの評価と合わせて判断するようになります。

「ん? このブログって、やたら外部リンクだらけで、内容と関係ないなぁ・・・」

「このホームページ、ぜんぜん違うジャンルのリンクが羅列されてるだけじゃないか・・・」

「このブログ、3ページで更新が止まってる」

といったことを『プログラムで自動的に判断』するようになりました。そして、その結果、スパム扱いにされると、検索エンジンからペナルティを食らうようになって、どんなSEO対策をしても順位が上がらないようになってしまいます。

そうなると、ドメインを捨てて、別のサイトを立ち上げ、しかも、同じコンテンツは使えないので、ゼロから作り直し・・・・。

悲惨です。

だからこそ、外部リンクを業者に委託してはならないのです。どんなサイトからリンクされるか分からないし、下手すると海外のサイトからリンクされることもあります。そんな外部リンクなんて、集客にはなんの役にもたちません(まさか、海外からのお客さんを呼び込める!なんて思ってないですよね?w)。

外部リンクを増やすことよりも、どれだけ役立つ内容、面白い内容を掲載するかが、ホームページの集客アップにつながります。そのことは忘れないでください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加