ホームページを優秀な営業マンにするために必要なたった一つの考え方


新入社員が入ったところで、すぐにバリバリ売り上げに貢献する・・・

なんて、ありえないですよね。
同じようにホームページも作ったからといって、バリバリ売れるわけではありません。

ホームページ制作会社に大金を払って作ってもらったのに、ぜんぜんアクセスが増えない、アクセスがあっても、申し込みがこない・・・
ホームページを作っても、それは、新入社員と同じで、あれこれと指導して教育しなければ、売り上げにはつながりません。

しかも、厄介なことに(?)、新入社員だったら、
「先輩にくっついて、教えてもらえ!」
って言えますが、ホームページは、自ら改善されることなどありません。
「だから、メンテナンスとか運営をホームページ制作会社に頼んでるんじゃないか!」
確かに、メンテナンス契約をしていると、ホームページの『お守り』はしてくれます。

これって、新入社員の健康管理をしてくれるようなもので、サーバが落ちていないか、速度が遅くなることはないかといったことを管理しています。
もう少しお金を払っても、月々のアクセス解析をしてくれるぐらいでしょう。
これでは、ホームページからは売り上げに繋がりません。

新人社員を育てるように、ホームページも改善し売り上げにつながるように『教育』が必要なのです。
ただ、闇雲に、あっちこっちを修正してもうまくいかないでしょう。

中には、思い切ってリニューアルとかする経営者がいるのですが、これはホームページ制作会社が儲かるだけであって、新入社員を解雇して、新たに新入社員を雇い入れただけなので、効果などでないのです。
それよりも、少しづつ社員に教えるように、少し変更しては結果をチェックし、さらに修正を加えるということが重要です。

そう、基本中の基本であるPDCAサイクルを回すことなのですね。
「ということは、少しづつ改善していくことなのか・・・
社員を育てるように。」
そう、その通りです。

でも、業績を上げる営業マンと同じで、鍛え上げれば、24時間365日休むことなく働いてくれますよ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加