アクセスアップ、SEO、デザイン、SNS、… いつまでも追いかけないといけない?


インターネットの技術は日進月歩。いや、秒進分歩!

ものすごい速さで変化しています。

私がインターネットの仕事に関わり始めたころは、企業がホームページを作っただけで日経新聞に掲載されました。

そのころ、企業向けホームページのセミナーの講師も務めたことがあるのですが、立見席が出るほどの人気でした。

それが、今はホームページを持ってるなんて当たり前。

ブログに、Twitter、FacebookにLINE。

YouTube動画、インスタグラムの写真などなど、やることが多すぎです。
せっかくブログを月に2回のペースで更新できるようになったら、TwitterやLINEで毎日どころか、
1日数回発信しないといけないなんて・・・。
『一体、いつまで追いかけ続ければいいんだ・・・』
なーんて思っていませんか?
勉強熱心な経営者ほど、次々出てくる新たな手法について情報が入ってきます~、どこまで何をやっていいのか悩みますよね。
しかし、一方で、そんな次々出てくるインターネットの新しいサービスを見極め、売り上げにつなげている企業もあります。

周囲の企業が右往左往する中で、ぶれないで利益を出し続ける企業があることも事実です。
これらの企業は、なにが違うのでしょうか?
「そりゃ、優秀な社員がいるのだろう?」
「うちも資金力があれば、それぐらい……」
「会社の規模が違うから、うちには無理!」
いろいろ理由はあるかと思います。

しかし、商品やサービスを売るためには、商品を誰に向けて、何をメリットとして売るのかということを明確にして、それが売れる仕掛けを作る必要があるのです。

その仕掛けを作ることができれば、ブログだろうが、Twitterだろが、動画だろうが、関係ありません。

いや、どのやり方が合うのか、合わないのかも見極められます。
これ、マーケティングができてるかどうかってことなのです。

マーケティングを理解し、実践できてるところは、ぶれることなく、誰がお客さんなのかを知っているので、迷わないのですね。
次々に新しい手法が出てくるインターネットだからこそ、マーケティングをしっかりやって、どういう方法がお客さんに価値を届けられるのかを見極める必要があるのです。
小手先のテクニックも必要ですが、それがなぜ必要なのか、どのように使うべきかのかを理解するためにも、マーケティングを分かっておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加