ホームページに社名は大きく入れる意味はない!


トップページの謎会社のホームページって、会社のパンフレットや名刺と同じように社名をデカデカと表示したくなります。

そりゃ、社名って大事なのですから、でっかく入れたいですよね。

でも、ちょっと冷静になって考えてみて下さい。例えば、家の近所の歯医者さんを探しているとします。

検索して、最初に見るのって、歯医者さんの名前でしょうか?

「小林歯科かぁ・・・。いや、二番目の堺クリニックの方がいいなぁ・・・」ってことはないですよね(笑)。

まずは、どこにあるのか、どんな院内なのか、どのような治療するのかといったことが重要なのであって、病院名って後から見ます。

違う例でいえば、飲食店でも同じです。出張で、よく知らない町に行って、ホテルの周辺で食事を軽くしようと思ったら、ラーメン屋とか、中華料理とか、喫茶店ってのは見ているけど、そこのお店の名前なんて見てないですよね。名前を見ているところは、「吉野家」だの、「ガスト」だの、「ドトール」だの、すでに知っているところだから見ているだけです。

社名を見るのは、その会社が有名なところ。パソコンを買うのに、NECだの、富士通だの、そういうときは、すでにメーカー名を知っているから見ているのであって、知らない会社の商品やサービスを見てから社名をチェックします。

あなたの会社は、「社名で検索されるほど有名」でしょうか? おそらく、違うのでは?(失礼!)

ついつい、ホームページのデザインとかをチェックするときに、「もう少し、社名を目立つようにしてくれ」って言いたくなります。でも、検索してアクセスしにくる人は、そんなところには、誰も関心をもっていないのです。

それに、あなたの会社を知っていてアクセスする人は、「すでに知っている人」であって、新規顧客とは違いますよね。

そうなのです。だから、自社のホームページを見るときは、社名がそんなに目立っていないなぁって思っても、それぐらいでちょうどいいのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加