Googleがあなたのサイトを『安全でない』と表示するかも!?


トップページの謎Googleが、あなたのホームページに直結する提案をしています。

通常のhttpの接続を、『安全でない』と表示する提案です。

もし、こうなると、通所のhttpのままでは、『安全でない』と表示されてしまって、お客さんからすると、危険なサイトのように見えてしまう可能性が・・・。

ちょっと困ったことになります。

 

では、そもそも、なぜこんなことになっているのかを見ておきましょう。

ホームページの接続方法には、次の2つがあります。

 

http 通常のホームページ。基本的な接続方法で、多くの中小企業は、この方式です。
https 銀行や大手のショッピングサイトなどは、httpsになっていて、ブラウザのURLの横に『鍵』のマークがつきます。

 

今までは、httpsだと『鍵』マークがつくだけだったのですが、今回の提案は・・・

 

・httpは、暗号化されず、そのままデータがやりとりされるので、危険

・NSAのように政府機関が盗聴している可能性もある

・データを盗まれるだけでなく、改ざんされる可能性もある

 

とまあ、そんなことで、httpsが安全というよりも、httpが危険とする方が意味があるという提案です。

 

「じゃあ、httpsにすればいいんでしょ?」

 

確かに、その通りですが、このhttpsにするのは、SSL証明書というものが必要になり、使用料として年会費を払うことになります。さらに、その発行機関もピンキリで、数千円から数万円、数十万円までいろいろありすぎて、どれを選んでいいのかもよくわかりません。

 

さらに、レンタルサーバが、httpsに対応してるかどうかにもよります。場合によっては、別のレンタルサーバに引越しをしないといけないことも・・・。

 

とまあ、ちょっと面倒ですよね。

 

ただ、もし、御社のサイトが、httpであるなら、最低限、入力フォームだけは、httpsにしておきましょう。

 

httpsにするには、入力フォームだけなら、Googleドキュメントの機能を利用するのがいいでしょう。

 

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

 

ホームページで集客! お問い合わせフォームにSSLを使っていますか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加