STEP1 ホームページの現状を知る!


ホームページ集客は現状分析からホームページの更新をするには、とにもかくにも、現状分析が必要です。

今どこにいるのか分からないで、地図を見ても意味がありません。

ホームページの現状がどうなっているのか分からずに、いろんな人にアドバイスを求めても、的確なアドバイスを受けることはできないのです。

現状分析は、最低限、このようなことは、把握しておきましょう。

  1. アクセス数
  2. ホームページからの問い合わせ数
  3. ホームページの担当者やホームページからの問い合わせ担当者は誰で、どの程度作業しているのか?

では、一つづつ、説明していきましょう。

1.アクセス数

アクセス数は、リアルな店舗で言えば、来店者数です。これを把握しておかないと、そもそもお客さんが来ていないから、売り上げにつながらない

のか、お客さんは来ているのに売り上げにつながらないのかが区別できません。

アクセス数を見るには、いろいろなツールやサービスがありますが、Googleアナリティクスが広く使われているので、後々も解析方法があちこちで説明されちえるので、もし導入していなければ、ぜひ入れておいて下さい。無料で使えます。

2.ホームページからの問い合わせ数

先のアクセス数と合わせて考えるのに必要なのが、ホームページからの問い合わせ数や申込数です。リアルな店舗で言えば、店員と話をした人数、レジで買い物をした人数です。アクセス数が多くても、これが少ないということは、内容に問題があるということです。

内容というと大げさですが、単純に問合せのページへのリンクが分かりにくいというだけのこともあります。

3.ホームページの担当者やホームページからの問い合わせ担当者は誰で、どの程度作業しているのか?

よくあるのですが、担当者を決めているつもりでも、本人は自覚がなかったり、そもそも、ホームページからの問い合わせに対して誰がメールで返事するのかといったことが明確でなかったりすることがあります。

そうなると、問い合わせが来ていても、タイミングを逃してしまい、せっかくのお客さんを逃してしまいます。

ホームページ担当者も、何をするのか分かっていないと、ホームページは更新されずに、ほったらかしになって、結局、何もしていないことになります。これでは、いくら外部の優秀な業者に委託したところで、何もしていないのと同じになります。

この3点は、最低限、明確にしておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加