ホームページ集客のSEO対策、DA(ドメインオーソリティー)とPR(ページランク)のどっちが大事?


SEO対策の謎SEO対策の知識がある人は、PR(ページランク)という言葉や、DA(ドメインオーソリティ)というのを見聞きしたことがあるでしょう。

PRは、Googleが決めている指標で、そのサイトのドメインの重要度を10段階で評価しています。

秘密でもなんでもなく、Googleの特許を取っているので、その内容は誰でも知ることができます。

 

Googleの特許(英文)

Method for node ranking in a linked database

 

簡単に言えば、人気のあるページは、多くのところからリンクされているということで、それを得点にして数値化して計算しています。10段階評価で、数値が大きいほど、高い評価になっています。

ただ、単にリンク数が多ければいいというのではなく、どのようなページからリンクされているのかが重要になります。例えば、新聞社のサイトから、リンクされているのと、今日できたばかりの個人のブログからリンクされているのでは、同じ1つのリンクでも、その価値が全然ちがいますよね。

Googleは、検索エンジンのクローラー(全世界のWebページを巡回してデータを蓄積しています)によって集めた膨大なデータをもとに計算しているので、複雑な計算のもとに決まっています。

PRを知ることができるツールやサービスは、数え切れないほどあって、SEOチェキなどが有名ですね。

 

SEOチェキ

http://seocheki.net/

 

ちなみに、このブログで利用しているドメインzxcvbnm.jpを調べると、PRは1です(^^;)。

(ただ、このPR、実は、SEO対策では、意味がないんですよ・・・。このことについては、後述)

 

一方のDAというのは、MOS(モズ)というリサーチ会社が独自に調べている指標で、こちらもGoogleと同じように世界中のWebサイトのデータを集め、さまざまなリサーチ情報を提供しています。その中の一つで、DA、ドメインオーソリティと言われます。

オーソリティとは、権威とか訳されますが、DAは、そのドメインがしっかりと運用されているって指標になります。100段階で数字が大きいほど、高い評価になっています。

あくまでもMOZが評価したものなので、Googleがどこまでこれと同じ数値なのかは不明です。しかし、Googleでの検索結果の上位にくるものは、DAが高い傾向にあるので、それほど大きくかけ離れているわけではないようです。

そのために、最近のSEOは、DAを重視する傾向にあります(ほかにもPAだとかmozRankなどありますが、話がややこしくなるので、それは、また別の機会に)。

DAを知りたければ、MOZのサイトでチェックすることはできます。

 

MOZ Open Site Explore

https://moz.com/researchtools/ose/

(注意:ユーザ登録しない場合は、1日3回しか使えません)

 

先ほどのPRと同じように、このブログを調べると、DAは31となります。

「100点満点の31なんて、低いじゃん!」って、思われるかもしれませんが、例えば、京都のお土産で有名な『おたべ』の公式サイトでも34です。

 

おたべ公式サイト

 

ちなみに、『おたべ』の通販サイトは、27なので、このブログの31は、なかなか優秀でしょ?(って、自分で言うな!w)

 

さて、ここからが重要な話。

先に書いた、Googleの発表しているPRですが、ちょいと衝撃的なニュースがあります。

 

Google、ツールバーPageRank 更新を終了か 今後の予定なし

http://www.sem-r.com/google-2010/20141008011907.html

グーグル、今後ツールバーに表示するPageRankデータの更新予定がないことを示唆。ツールバーPageRank は役割を終えた。

 

そうなんです。2014年の秋ごろから、Googleは、外部に公表しているPRのデータを更新予定はないと発表しました。つまり、今、ツールでチェックできるPRは、2014年の評価でしかないのです

そもそも、それまでも、年に数回しか更新されていないので、最新の状態での評価ではなかったのですけどね。

なので、PRを毎日チェックして、「何やっても、ぜんぜん数字が上がらないなぁ・・・・」というのは、なんの意味もありません。そもそも、Googleが更新していないのですから。

(注意:このように書くと、ちょっとSEOに詳しい人は、「でも、GoogleはPRでの評価をやめたとは言っていないし、内部的には指標として使ってるんじゃないの? だから、やっぱりPRが高い方がいいでしょ?」と言われます。確かに、その通り。でも、それは、Google内部の話であって、外部から見えるPRは2014年秋から更新されていない数値のまま。なので、それに振り回されるとダメっすよってことで。)

ということもあり、今は、更新されていくMOZのDAを利用することが多くなってきています。

 

で、気をつけないといけないのは、SEO業者とかホームページ制作会社とかが、営業トークとして

 

「あー、社長さん、御社のホームページ、ページランクが低いのは、まずいですねぇ!

 ご存じないかもしれませんが、Googleには、ページランクっていう指標があって、・・・・・」

 

なーんて、言ってくるところには、要注意。何もわかってないことをいいことに、言いくるめようとしてますよw


  • このエントリーをはてなブックマークに追加