集客のためのキーワードを決める最強のマーケティングツールが!!


SEO対策の謎キーワードを見つけるのに、『キーワードスカウターS』という強力なツールを紹介したことがありますが、そんなものは目じゃない最強のマーケティングツールが出てきました。

「おいおい、前回のでも、すごいってツールだったのに、今度はなんだよ?」

ですよね。『キーワードスカウターS』でも、集客のためのキーワードを見つけるのに、ものすごく役立つツールで、しかも、検索上位にくるサイトにどんなキーワードが含まれているのかとか、被リンクがどうなっているのか、PR(ページランク)がどうなのかなど、すぐに調べることができたのですが、それよりも、さらに一歩踏み込んで、ここまでやれば、SEO対策のマーケティング情報としては、十分ではないか?ってツールが出てきました。

まずは、『キーワードスカウターS』と何が違うのかをみていきましょう。

 

キーワードスカウターS

sukauta

  •  商品やサービスのキーワードを軸にして、関連キーワードを探す
  •  関連キーワードがタイトルに含まれているサイトがどれぐらいあるのか検索
  •  上位サイトの被リンクやPRをチェック

 

最強のマーケティングツール

パンドラ2

  • 商品やサービスのキーワードを軸にして、関連キーワードを探す
  • 関連キーワードがタイトルに含まれているサイトがどれぐらいあるのか検索
  • 関連キーワードが含まれているリスティング広告(PPC広告)を検索
  • 上位サイトの被リンクやPRをチェック
  • 上位順位のリスティング広告の表示文章、表示リンク、実際のリンク先をチェック
  • 過去のリスティング広告と現在の出稿状況を比較

 

これ、比較にならないですよね。

キーワードスカウターSは、検索されているキーワードを分析するものでしたが、この最強のマーケティングツールになると、検索されているキーワードだけでなく、検索結果に表示されるリスティング広告もチェックすることができるようになります。

リスティング広告は、お金をかけて企業が出稿しているからこそ、上位にくる広告は効果があるキーワード、キャッチコピーを使っています。さらに、表示されているURLだけでなく、実際にリンクしているURLも表示されるので、アフィリエイト戦略をとっているのかどうかも見えてきます

そして、過去の状況と現在の出稿状況を見ることで、継続されている広告=儲かるキーワードということも見抜くことができます。

そうなんです。検索キーワードを分析することで、ユーザニーズを調べることができ、リスティング広告を分析することで、儲けにつながるキーワードの組み合わせが見えてくるのです。いわば、儲かるキーワードの必要条件と十分条件が分かってくるのです。商品やサービスから、一つだけキーワードを決めれば、後は、自動的に(!)関連するキーワードが分かるようになり、さらに、その中から、他社がお金をかけて調べてリスティング広告にしているキーワードまで分かってくるのです。そう、キーワードの組み合わせに悩むことがなくなります。最強という意味が分かってきたかと思います。

キーワードスカウターSと同じ会社が作っているので、画面は似てるのですが、この新たなツールの名前は、『Pandora2(

パンドラ2)』

 
 

 

「え? 2って?」 そうなんです。以前、『Pandora』って名前で販売されていたのですが、あまりにも反響が強すぎて、一時販売中止になり、さらに機能強化して、戻ってきたツールなんです。以前は、アフィリエイターがリスティング広告でアフィリエイトをするために使われていたのですが、今回は、コンサルティング会社やホームページ制作会社までもが使い始めていますよ(って、私もコンサルティングで利用するようになった一人ですけどねw)。   こういうツールを使わないで、なんとなくでキーワードを選んでいるのと、数値データとしてマーケティング情報を得てキーワードを決めるのとでは、SEO対策として大きな差が出るのは見えていますよね。

 

『Pandora2』でキーワードを決めて、以前、さらっとお伝えしたSEOテクニックと組合せれば・・・・。言うまでもないですよね(笑)。   通常、『Pandora2』は月額課金なのですが、6月末まで買取での販売を行っています。月々2980円のツールが、29,800円で手に入ります。つまり、10ヵ月分の利用料で、永遠に使えるようになるのです。どうせ使うなら、今、手に入れないとね。

 

  ええ、私は、この機会に、複数のライセンスを手に入れました! 『Pandora2』は1台のPCでしか使えないので、いろいろなキーワードで検索するには、どうしても複数のPCに入れたくなるのです。そりゃ、コンサルやってますから、クライアントさんの数だけキーワードを調べていく必要があるので、1台じゃこなせないんです。

GoogleのキーワードプランナーやYahoo!のキーワードアドバイスツールのデータも、そのまま読み込めるので、1000近いキーワードの組み合わせを検索させてますから、時間がかかるわけです。何度も言うように、それをクライアントさんの数だけやるのですから、1台のパソコンをぶん回しているだけでは、追いつきません。あ、何台分のライセンスを持っているのかは、内緒です(2台とかじゃないですよー! 笑)。  

 

ここまで読んで、分かる人、特に、キーワードを探す、絞り込むのに困っている人ほど、このツールのすごさが分かると思います。買取での販売は来月末までなので、今すぐ、下の画像をクリックして、詳細を確認してくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加