サーバの情報とかって、どこかに保存しています?


運用の謎ちょっとホームページの集客とは違う話ですが、とっても大事なことであり、間接的には集客にも影響する話をしましょう。

最近では、ホームページのサーバって、自社に置いて運営してる会社は、ほんと珍しくなりました。

今は、どこかのレンタルサーバとか、ホスティングサービスとか言われるものを使ってます。プロバイダーと呼ばれる会社のサービスですね。

そこで、社長に質問です! そのサービスのIDやパスワード、問い合わせ先とかって、どこかに情報をちゃんと保管してますか?

社長がなにか問合せするってことはないでしょうが、今の担当者が不在のときにトラブルが起きたら、どこに連絡すればいいか、分かっています?

「そりゃー、あれだろ。総務の社員が知ってるだろよ。」

ホームページは、いわば会社のインターネット上の店舗。そこにアクセスして、会社の住所を確認したり、メールで問い合わせたりします。もし、そのホームぺージが乗っ取られて書き換えられたとか、あるいは、修正したときのチェックミスで、電話番号が間違っていたなんてことがあると大変です。

すぐに対策しないといけないのですが、いつもやってくれる担当者が長期の休暇中とか、先月で辞めたなんてことがあると、どうします?

サーバの情報が分かっていれば、外部の業者に頼むとか、詳しい知り合いにお願いするとか、場合によってはサーバの運営会社に連絡してなんとかしてもらうなんてことができます。

ところが、いつも、誰かに頼んでいたために、その情報がどこにあるのか、どうなっているのか誰もよく分からないなんてことになっていると・・・。最悪です。

「そんな笑い話のようなことがあるわけないじゃん!」

いえいえ、起きてるのですよ。そういうこと。担当者が急に辞めてしまって、ホームページのことは引き継ぐのを忘れていて、役員の名前が変わったんだけど修正できないとか、町名が変わったのにホームページには古い町名のままになってるとかあるのです。

さっきも書きましたが、ホームページはインターネット上の店舗。その店舗の鍵を担当者だけしか持っていないなんて、ありえないですよね? 今一度、確かめておいてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加