ホームページはワードプレスがいいですよ!って信じてはいけない


ホームページ作成ツールの謎「社長、これからはホームページはWordPressですよ! ものすごい勢いで広がってますからね!」

なんて営業の電話が掛かってきて、そんなものかなぁと思い、リニューアルしなきゃと考えていたので、ワードプレスとやらにしてみたら・・・。

結局、リニューアルに百万も使ったのに、問い合わせは何も増えていないじゃないか!ってこと、ありえるんですよ。

確かに、ワードプレスって、ホームページの運用には素晴らしいツールです。ワードプレスは、CMS(シーエムエス、コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるコンテンツ管理の仕組みで、ホームページを作るためのHTMLとかCSSとか、そんなことは知らなくてもブログを投稿するように記事を追加したり、書き換えたりすることができます。

しかもブログと違って、従来のホームページのように会社概要とか、商品紹介のページは独立して作ることができて、商品一覧のメニューも簡単。

ブログのように記事を投稿できるので、製品発表の記事とか、あるいは、社長のブログ、営業スタッフのブログ、キャンペーンなどもどんどん追加することができます。

そういう意味では、従来のホームページ + ブログという運用ができるので、とても便利。

ところが、このワードプレスにも、向き、不向きがあります。

というか、無駄に機能があるってことになってしまいます(笑)。

先に書いたようにワードプレスは、従来のホームページ + ブログという構成になるので、どんどん書くことがあればいいのですが、月に1回、あるいは年に5回、6回しか更新するような内容がないって場合は、無駄になります。

そもそも、手軽に頻繁に更新できるというのが、CMSのいいところなのですが、頻繁に更新できないなら使う意味がありません。

業種・業態というよりも、あなたのビジネスの在り方を考えて、ホームページを更新する、ネットに情報を発信することが負担になるのであれば、かなり無理をすることになります。ワードプレスは無料で使えるツールですが、それを導入したところで使わないなら入れなくてもいいわけですよね。

逆に、導入したことによって、操作方法を覚えることになったなら、かえって負担が大きくなります。しかも、年に数回しか更新しないとなると、操作を覚えることもできないでしょうし、毎回、マニュアルを読んでたら時間の無駄!

そんな時間があれば、その社員が営業したり、社内業務をやったりする方が会社にとってプラスになります。

年に数回程度の更新なら、外部の業者に委託して、その都度支払った方が、結果的には安いことになります。

さらに言えば、ワードプレスは、頻繁にアップデートが行われます。こまめにチェックしてアップデートしておかないと、セキュリティのバグを突かれて、乗っ取られるなんて危険性もあります。

そうでなくとも、ブログのようにオンラインでログインして操作するので、IDとパスワードが盗まれれば、悪意のある記事を書き込まれることにも・・・。

そんな危険もあるのです。

ワードプレスって、あくまでもツール。いわば、会社で使う車を買うのに、流行っているからって売れてる車を買うなんて社長はいませんよね?

どういう目的で車が必要なのかによって違ってきます。お客さんの送り迎えをするのか、社長が接待に使うのか、営業が納品で使うのか・・・。

それによって、セダンがいいのか、バンがいいのか、あるいは、軽の小さい車でいいのかなど、違ってきますよね。

自社のホームページをどんな位置づけにするのか、ホームページにどんな業務を担当させるのかによって、ワードプレスにした方がいいのかどうかを決めましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加