化粧品、健康食品などをネット販売するなら…


連日最高気温が30度だったのに、ここ数日が平年並みになったら寒い!って感じてしまって、なんか風邪気味の足立明穂です。

いやー、ほんと、気温の変化が激しすぎて、身体がついていかないし、服装もいつまで冬物を出しておけばいいんだろうとか考えてしまいます。

さて、今回は、風邪気味なこともあって、薬機法(薬事法)のことについてお伝えしたいと思います。

化粧品や健康食品のメーカーであれば、薬機法や健康増進法とかは、十分理解してると思います。

しかし、それらを仕入れてオンラインショップで販売するといった場合は、あまり深く考えずにホームページで商品紹介をしていることもあるでしょう。

扱う商品が多くなると、細かくチェックしていないかもしれません。
昨今の健康ブームもあって、消費者も健康に関連する商品に関する知識は豊富になり、さらに、トクホ関連商品も売れ行きが伸びていることもあって、トラブルも増えています。

消費者庁も、そういうトラブルを減らすために、健康食品関連の監視強化を行っています。

 

http://xn--zck9awe6d372qg1j87ki4d.com/281222_dm1248-3/
2017年度予算案、食品表示対策に2億1,900万円~消費者庁

取り締まり行政もパワーアップさせる。「健康食品のインターネット広告の監視強化」に2,700万円を当てる(今年度1,500万円)。モニタリング件数の拡充や、専門家で組織する検証レビューによって監視を強化する方針だ。

先日も話題になったDeNAのwelq事件のこともあります。

情報の内容が、いいかげんな健康情報を発信すると、誰かがチェクして、その誤りを指摘すると、たちまち炎上してしまうことも起きています。
だからこそ、薬機法のような法律を理解しておくことは、ビジネスをする上では当然必要なことなのです。
なんて、言わなくても、わかっちゃいるけど、なかなか勉強する時間もないし、そもそも、法律用語なんてなかなか理解できないですよね。

私も、法律に関しては、なかなか難しくて、すぐ眠気が・・・(^^;
でも!! 安心してください!

薬機法に関して、すごくわかりやすく説明してくれるセミナー動画を見つけました!!
講師の先生は、
薬事法広告研究所 代表
DCアーキテクト株式会社 取締役
稲留万希子(いなとめ まきこ)先生
ええ、専門家ですよ。
あ、専門家だからって、難しい言葉で法律を説明なんてしてません。

最低限知っておいてほしいことをわかりやすく説明しています。
どれほど分かりやすいかというと、具体的に実際のサプリメントや健康食品、化粧品の広告を例に、なぜ、この広告がOKなのか、どんな表現になるとNGになるのかを説明してくれています。
頭の回転の速い人なら、気が付いたと思いますが、これって、単に薬機法の勉強だけでなく、売れる広告の作り方講座でもあるのですよね!

大手メーカーの話が具体的に分かるのですから、その手法をまねればいいってこと。
なかなか、実際に使われている広告を事例として説明するなんて、あまりないので、とても参考になりますよ。
このセミナー動画、アフィリエイター向けではあるのですが、通販サイトを運営してるなら、見ておいて損はない、いや、儲かる広告について事例が分かるのですから、すぐに応用できます。
しかも、通常、この手のセミナー動画って、数万円するのが普通ですが、なんと、たったの3980円

そもそも、稲留先生のセミナーって、安くても1万円以上するので、これは買っておくべきでしょう。
6月7日までの期間限定販売なので、今すぐ、申し込みを!

 

>>今すぐ申し込むなら、ここ!<<

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加