リアルタイム決済が売り上げを左右することになるかも!


オンラインショップの謎オンラインショップでは、ユーザの心理からすれば、少しでも早く商品を手に入れたいという欲求があります。ついつい、発送を早くするということばかりに目が行きがちですが、決済についても重要なポイントがあります。リアルタイムに決済をしようとするとクレジットカードでの決済となるのですが、こんなニュースが・・・。

全銀協、365日・24時間振り込み可能へ

全国銀行協会、24時間・365日、お金の即時振り込みできるシステム導入へ。2018年中稼働を目指す。

(News47 http://www.47news.jp/FN/201411/FN2014112001000790.html より)

ちょいと先ではありますが、銀行振込もリアルタイムで入金確認ができるようになります。

となると、今のオンラインショップって、「銀行振込の場合は、入金確認後、発送します」とか書いていると思いますが、土日も夜中も入金確認が必要に。

その頃には、決済システムも銀行振込のチェックもできるようになってくるとは思いますが、すべての銀行に対応できるのかどうかは不明。特に、オンラインバンキングの機能は銀行によって異なるので、これをどのように克服するのか、あるいは、全銀協が音頭取りをして統一されていくのかは、よく分からない状況です。

どっちにしても、銀行振込でリアルタイムに入金ができれば、ショップ側としては、これほど嬉しいことはないですよね。クレジットカードは、支払期間があるので、実際に入金されるまでタイムラグがあり、しかも、手数料がかかります。

一方の銀行振込なら、即、現金が手に入るようになり、しかもクレジットカードと違って手数料はかかりません。場合によっては、お客さんの振込手数料を店舗で負担してもいいぐらいです。

実は、世界的には、クレジットカードの手数料負担が問題になってきていて、いかに負担軽減するかが課題になってきています。今後、日本でも、このような動きから、銀行振込が増えていくかも・・・・。

P.S.

夏野氏、お怒り、いや、あきれてるみたいです(^^; ⇒ 夏野氏の怒りの動画(いきなり再生しますので音量に注意!)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加