オンラインショップだからこそリピーターへの工夫を


オンラインショップの謎オンラインショップを考えるときに、どうしても集客や決済といったことばかりを考えてしまいます。

しかし、オンラインショップが儲かるようになるかどうかは、リピーターを作れるかどうかにかかっています。

私自身も経験があるのですが、何かの拍子で(テレビで話題になった、ネットでの著名人がブログで取り上げたなど)、急激に売れる瞬間があります。

最初は、何が起きてるのか分からず、どんどん入ってくる注文に対応するだけで手いっぱいで、しかも、売り上げがどんどん増えていくからこそ、嬉しくなって作業に集中してしまいます。

ところが、そんなことは、一瞬で、早ければ1週間ほど、長くても一ヵ月もすれば、以前と同じ状態になってしまいます。慌てて仕入れた商品が届いたころには、ただただ在庫を抱えるだけになってしまいます。

一瞬で大量に売れたという『成功体験』(と思っているだけなのですが 苦笑)があるがゆえに、それを再現できないかと広告を打ったり、ホームぺージを更新したりと、新規顧客の獲得に躍起になっていきます。

しかし、これ、いい方向ではないですよね。ビジネスの基本ですが、新規顧客を獲得するには、既存客よりも5倍のコストがかかるとされています。そんなコストをかけるぐらいなら、新規顧客を獲得することに躍起になるよりも、既存客に対いてアプローチしてリピーターになってもらう方が利益率がいいのです。

しかも、リアルな店舗とちがって、オンラインショプだからこそ、名前やメールアドレス、商品を届けているなら住所も分かっています。これを活用してリピーターになってもらうようにアプローチすべきですよね。

メールを出す、ハガキを送るなんて、新規顧客獲得に比べたら、微々たる費用です。

「でも、うちの扱っているのは、消耗品じゃないから、もう一つ買ってもらうのは難しいよ」

「月々の支払サービスだから、リピーターってない」

「長持ちするのがうちの商品だからねぇ・・・・」

確かに、そういうこともあります。そこは、考え方次第。「いかがでしたか? お客様のお知り合いで、興味をお持ちの方がおられましたら、ご紹介ください。ご紹介いただいた方が申し込まれた場合、お知り合いと、お客様の両方に、ささやかながらお礼をさせていただきます」ってな、紹介をしてもらう方法がありますよね。

オンラインショップの場合は、新規顧客を獲得するのも重要ですが、リピーターをつくることを最初から考えておきましょう。その瞬間がきてからでは、手遅れになってしまうのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加