アクセスアップで失敗する大きな原因の一つは我慢ができない経営者


アクセスアップの謎ホームページのアクセスアップをするためには、いろいろな方法があります。

書店に行けば、サイト集客、Googleで検索上位になる方法、儲かるホームページとか、数えきれないほどの本が並んでいます。ネットで検索すれば、何百万件とヒットします。

中には、『一瞬で売上を伸ばすホームページ対策』とか『たった一ヵ月でアクセスが倍増する方法』なんてことが書かれているものもありますよね。

こういう過激な(?)広告コピーのために、『我慢ができない経営者』が多くなっているように感じます。

確かに、すぐにでも売上を延ばしたい、利益を増やしたいってのは分かります。そんなカンフル剤のような即効性のある方法があれば、誰しもが使いたくなります。

しかし、現実を見てみると、そんな方法がないからこそ、多くの人があれやこれやとトライ&エラーを繰り返しています。

「でも、実際に、一ヵ月で利益が倍になったとう事例もあるじゃないか!」

ええ、その通りです。そういう事例があることは否定しません。ただ、その事例の裏に、そうならなかった事例がどれぐらい隠れているのかを見ているでしょうか?

そういったところを見ないで、飛びついても、なんかピントこない方法であったり、自社の分野には応用できないような方法だったりします。さらに、他にもいろいろな条件があって、それが綺麗にあてはまったときにうまくいったということもあり、そうなるとやってみないと分からないことばかりなのです。

あまりにも、短期的に結果をだしたいがために、次々とやりかたを変えて行っても、なかなかそんないい方法に巡り合うことはありません。大変かもしれませんが、半年から1年と腰を据えて取り組まないと、ホームページで集客するなんてことは、なかなかできるものではありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加