ホームページで集客するのに、文章作成を丸投げしてはいけないよ


ホームページ制作会社の謎ホームページの集客をアドバイスする制作会社の営業担当と話をすると、すごく丁寧で、礼儀正しく、この人なら、任せておいて大丈夫!って思うかもしれません。だけど、文章作成を丸投げしてはいけません。

私自身の経験でも、経営者によっては、文章を考えたくない、というか、真剣に向き合っていないからか、丸投げしてきます。

「その辺、いい感じで、まとめてくださいねー」

「そこは、もう、任せますよー」

「文章を考えてる時間がないから、なんか、適当に書いてくださいよー」

いやはや、そんな経営者がやってると、ちょいと困ります。だって、ホームページって、お客さんが最初にみるところですよね。そこの文章を真剣に考えなかったら、どうなります?

お店で言えば、呼び込みの店員をアルバイトにして、お店のことを何も教えずに、「呼び込み、やっといて」って頼むようなもの。いい加減すぎる・・・。

文章の書き方が分からないとか、うまくまとめられないってのは、外部のライターに任せるのは、アリです。それは、文章をかっちり書ける人に頼むってのは、いいことです。でも、会社の理念とか、社長のあいさつ文とか、外部の人間に丸投げする会社ってあるんですよ。信じられないのですが、他社のページを示してきて、「こんな感じにしてー」とか平気で言います。そりゃ、こっちは、仕事を請け負うから、やりましたが、本当に、その文章で社長の言いたかったことになってるのかどうか・・・。

ホームページ制作会社は、あくまでも、ホームページを作るのはプロフェッショナルですが、あなたの会社の代わりに営業をするわけではありません。ましてや、あなたの会社のお客様を集めてくるのが仕事でもありません。そのことは、勘違いしないようにね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加